亀戸香取神社

2014年5月10日

亀戸香取神社
御祭神:経津主神
相殿神:武甕槌神・大己貴神
社格:旧村社
所在地:東京都江東区亀戸三丁目57-22
最寄駅:JR総武線 亀戸駅
東武鉄道亀戸線 亀戸駅
URL:http://katorijinja.jp/
御由緒:亀戸は元々亀の形に似た島であり亀島あるいは亀津島と称されていたという。
665(天智天皇4)年、藤原鎌足が東国下向の際、この亀島に船を寄せ、旅の安全を祈願し香取大神を勧請、太刀一振を奉納したのが創建とされる。
その後、平将門の乱が起きた際には、俵藤太秀郷が当社に参籠し戦勝祈願し、平定後弓矢を奉納、勝矢と命名したされる。
この古事に因んだ勝矢祭が毎年5月5日に執り行われる。
1371(応安4)年に社殿再建、1523(大永3)年修造、1626(寛永3)年本殿が改築され、文政年間(1818~1830年)に拝殿が造営された記録が残る。
1697(元禄10)年検地の際には、改めて社寺の下附があり、徳川家の社寺帳にも載せられた。
明治に入ると、1872(明治5)年11月16日には村社に列せられる。
1945(昭和20)年3月9日の空襲で社殿が焼失するが、1948(昭和23)年に再建した。
現社殿は1988(昭和63)年10月19日に造営されたものである。
亀戸香取神社 鳥居亀戸香取神社 手水舎
亀戸香取神社 拝殿亀戸香取神社 本殿
亀戸駅から明治通りを北進、蔵前橋通りとの交差点を渡り、今度は蔵前橋通りを西に向かう。
するとまもなく鳥居と参道が現れる。長めの参道を境内まで進むと、やがて手水舎が見えてくる。
亀戸香取神社 大黒神・恵比寿神亀戸香取神社 井戸
拝殿右手には大黒神・恵比寿神の尊像がある。柄杓で聖水を掛け参詣する。
亀戸香取神社 井戸の由緒亀戸香取神社 末社
その聖水というのが、亀戸の地名の由来とされる亀ヶ井戸から汲みあげた水。
井戸は2003(平成15)年に復元された。
また、その並び、明治通りを背にして4つの末社が鎮座する。
写真手前から順に熊野神社・三峯神社・水神社の合祀殿、福神社、稲足神社、天祖神社。
天祖神社は区内で最も古いとされる。
亀戸香取神社 御朱印亀戸香取神社 御朱印
亀戸香取神社 御朱印。初穂料300円。
拝殿左手の社務所にてお願いできる。
2016(平成28)年は御鎮座1350年ということで、記念印が捺されている。
なお、兼務社・亀戸水神宮の御朱印もこちらで拝受可能。