重幸稲荷神社

2017年7月4日

重幸稲荷神社
多摩川の洪水に悩まされていた大野上田の住人達が、旧六郷土堤際に、田畑の守護と五穀豊穣を祈願して祀った神社。
羽田七福いなりめぐりの三番で、開運長寿の御利益があるとされる。

御祭神 宇迦之御魂命
社格 旧無格社
鎮座地 東京都大田区本羽田1-7-14
最寄駅 京浜急行空港線 糀谷駅
URL http://shigeyukiinari.hanedajinja.com/

御由緒

大野上田と呼ばれていた当地在住の村人達は、度々起こる多摩川の洪水に悩まされていた。
そこで旧六郷土堤際に、田畑の守護と五穀豊穣を祈願して祀ったのが当社である。
社前の道路は旧六郷土堤で、現在の社の高さが旧堤防の高さだったとされる。
境内には樹令400年、幹まわり3.5mの楠の大木があったが、1945(昭和20)年4月の大空襲で焼失した。
現在は羽田神社が祭祀を兼務する。

境内紹介

重幸稲荷神社 社頭重幸稲荷神社 水鉢
重幸稲荷神社 昭和7年神狐像 吽重幸稲荷神社 昭和7年神狐像 阿
重幸稲荷神社 社祠
妙法稲荷神社前の道を南へ170mほど進むと、福山通運の営業所がある交差点にいたる。
ここで左折した後、300m弱先の左手に鎮座している。
社地は狭小で、鳥居と社祠のみのシンプルな構成。
垣根や腰掛などに細やかな竹細工が数多くみえる。
氏子に庭師の方がいるのだろうか。

御朱印

重幸稲荷神社 御朱印

羽田七福いなりめぐりの三番となっており、正月の開催時期のみ隣接する本羽田二丁目町会館にて受けられる。
初穂料100円。

重幸稲荷神社の地図