上神明天祖神社(蛇窪大明神)

2014年7月10日

上神明天祖神社
鎌倉時代の創建とされる旧蛇窪村(のち上蛇窪村)の鎮守。
白蛇を祀った弁天社があることから「東京の白蛇さま」を称する。
祭事や節句、巳の日などにまつわる多彩な種類の限定御朱印を出されている。

御祭神 天照大御神
配祀
天児屋根命・応神天皇
社格 旧村社
鎮座地 東京都品川区二葉4-4-42
最寄駅 都営地下鉄浅草線 中延駅
東急大井町線 中延駅
JR横須賀線 西大井駅
URL http://hebikubo.jp/
Twitter
https://twitter.com/http_hebimiko

御由緒

正確な由緒を確認できる資料は現存していない。
社伝によれば、1322(元享2)年武蔵国一帯が大旱魃に襲われ飢饉の到来が必至となった。
大森厳正寺の戌亥(北西)の森林内に古池があり、そのほとりに祀られていた龍神社に、時の当主・第二世法密上人が雨乞いの断食祈願を行ったところ、成就して見事大雨が降り注ぎ危機を免れた。
これに感激した蛇窪村の住人達は、神恩に応えて神社を勧請し祀ったのが当社の縁起とされている。
なお、創建に関しては鎌倉幕府時代、当地の豪農・森屋氏が創建したものという説も存在する。
品川区二葉2丁目に鎮座する下神明天祖神社との関係だが、元々蛇窪村の鎮守として単一の神社だった。
正保年間(1644~1647年)、蛇窪村が立会川の上流地域と下流地域(上蛇窪村・下蛇窪村)とに分離するのに伴い、上神明から下神明が分立しそれぞれの鎮守社となった。
旧社殿等は空襲によって焼失したが、1946(昭和21)年に国鉄大井機工部から本殿を譲り受け移築、仮拝殿を造営し再興する。
その後1961(昭和36)年に現社殿が再建された。

境内紹介

上神明天祖神社 鳥居と社号標上神明天祖神社 参道
大井町線もしくは浅草線の中延駅を出て、第二京浜を南進。
二葉四丁目交差点で左折、三本目の路地を左に入ると社頭が見える。
JR西大井駅からであれば改札を出て左手、交番から駐輪場の方へ進み、ガード下(上蛇窪架進橋)を通る。
細い路地を道なりに進み、信号で左折し約550mほど先で右折する。
いずれのルートも、最後の曲がり角にある「伊勢元」という酒店を目印にするとよいだろう。
上神明天祖神社 狛犬 (1)上神明天祖神社 狛犬 (2)
拝殿手前に江戸流れの狛犬一対。
黒変しているのは戦災を耐え忍んだ証か。
上神明天祖神社 手水舎上神明天祖神社 拝殿
上神明天祖神社 本殿・拝殿上神明天祖神社 本殿
境内は開放感のある雰囲気で、鳥居から社殿まで真っ直ぐ参道が続く。
造営後50年以上経過している神明造の社殿だが、内部を覗けば常に整備されており真新しささえ覚える。

神職や巫女のみなさんがFacebookTwitterなども使って色々な情報発信をなさっている。
ちなみにフォローは大歓迎とのことなので、アカウントをお持ちの方はぜひフォローを。
御朱印をお願いした際のもてなしなども嬉しく、応援したくなる神社だ。

境内社

上神明天祖神社 厳島神社鳥居上神明天祖神社 厳島神社
上神明天祖神社 弁天池の錦鯉上神明天祖神社 撫で白蛇
境内社は二社。
社殿右奥に厳島神社が鎮座する。
当地にはその昔白蛇が住んでいたとのことで、この蛇を祀るべく厳島神社を勧請したという。
御祭神は市杵島姫神・田心姫神・湍津姫神の宗像三女神のほか、蛇窪龍神・白蛇大神が合わせ祀られている。
よく整備された神池には錦鯉が放たれており、心やすらぐ空間となっている。
こちらにいたる途中には、2016(平成28)年に奉納された撫で白蛇像も安置されている。
上神明天祖神社 稲荷社 (2)上神明天祖神社 稲荷社
参道途中の左手に稲荷神社。
前述の雨乞い祈願に基づき奉斎されたという。
上神明天祖神社 眷属狐 (1)上神明天祖神社 眷属狐 (2)
各所で紹介されている神狐像。
厳島神社の龍や蛇とともに非常にユニークな造形で印象が強烈。
真鍋勝氏による手作りとのこと。神社に対する慈しみを感じる。

御朱印・御朱印帳

御朱印

上神明天祖神社 御朱印(旧) 上神明天祖神社 御朱印(新)
上神明天祖神社 弁財天御朱印 上神明天祖神社 蛇窪大明神 御朱印(通常)

上神明天祖神社では天祖神社、蛇窪大明神、弁財天の御朱印が受けられる。
初穂料は各300円。
境内右手の授与所にて拝受可能で、通常時の受付時間は9時~17時。
天祖神社の御朱印は2015(平成27)年8月から、社紋(雨竜と七つ蛇の目)が入ったものに切り替わった。
蛇窪大明神の御朱印は1月の正月と春の4月、例大祭のある9月に色の違うタイプが期間限定で授与される。

上神明天祖神社 蛇窪大明神 御朱印(一月) 上神明天祖神社 蛇窪大明神 御朱印(四月) 上神明天祖神社 蛇窪大明神 御朱印(九月)

上神明天祖神社「蛇窪大明神」御朱印の一月・四月・九月限定版。

御朱印帳

上神明天祖神社の御朱印帳

2016(平成28)年元旦より頒布が開始された上神明天祖神社の御朱印帳。
初穂料1,200円。金色の神紋、そして白蛇のデザインは頒布前から話題となっていた。

限定御朱印帳

上神明天祖神社 例大祭御朱印帳 上神明天祖神社 弁天社例祭(4月)限定御朱印帳

2016(平成28)年9月に300体限定で頒布された例大祭御朱印帳。
初穂料1,500円。初日で頒布終了した。
通常版とは対照的に黒地に金色の神紋と白蛇、裏表紙には白龍がデザインされている。
2017(平成29)年4月には弁天社例祭にちなんだ色違い版も。

限定御朱印は次ページ

このほかシークレット御朱印など数々の限定御朱印については次ページにてご紹介する。