中山神社

2014年5月4日

中山神社
御祭神:大己貴命・素盞嗚尊・稲田姫命
社格:旧村社
URL:http://www.saitama-jinjacho.or.jp/shrine/8852/
所在地:埼玉県さいたま市見沼区中川143番地
最寄駅:JR大宮駅から国際興業バス(大12系統中川循環) 中山神社前停留所
JR北浦和駅から東武バス(岩02系統) 富士見ヶ丘停留所
御由緒:創建は紀元前96(崇神天皇2)年と伝えられる。
大宮の氷川神社氷川女體神社を結ぶ直線のほぼ中間地点に位置し、当社は中氷川神社と称された。
この三社は関係性が深いとされ、主祭神はいずれも素盞嗚尊・稲田姫命・大己貴命でありながらも、筆頭の祭神を氷川神社は素盞嗚尊、氷川女體神社が稲田姫命、中山神社は大己貴命をそれぞれ掲げ、男体社・女体社・簸王子社の三社で一つの「氷川神社」であったという考察が存在する。
現在の社号は1907(明治40)年周辺の南中野、新右衛門新田、上山口新田、南中丸の神社を合祀した際、鎮座地である中川の「中」と江戸期の新田開発以来、氏子付き合いを続けていた上山口新田の「山」を合わせ、中氷川神社から改称した。
中山神社 鳥居中山神社 手水舎
首都高速埼玉新都心線さいたま見沼出入口近くの県道一号線(第二産業道路)近くに鎮座する。
県道沿いから参道に入ると、すぐに神社らしい静寂な雰囲気に変わり、やがて古社の神域への入口を象徴する鳥居が見えてくる。
鳥居をくぐると、すぐ左に手水舎がある。
中山神社 稲荷神社中山神社 荒脛神社
手水舎の奥に境内社の稲荷神社。反対側、参道右手に荒脛神社。
荒脛神社によって、大宮の氷川神社と繋がるという。
中山神社 八社合祀殿中山神社 御火塚
さらに参道を進むと、八社合祀殿、御火塚がある。
八社合祀殿には神明社・飯成社・淡嶋社・疱瘡守護社・磐社・石上社・竈神社・稲田宮主社が祀られている。
稲田宮主社により氷川女體神社と繋がる。
御火塚は当社の特殊神事、鎮火祭が行われる場所である。
中山神社 狛犬 (1)中山神社 狛犬 (2)
古代遺跡のような狛犬さんたち。
中山神社 旧本殿中山神社 市指定文化財建造物
現社殿の奥に空間があるのに気づき、脇を覗いてみると旧社殿が保存されていた。
写真では分かりにくいのだが、保護する上家の中に旧社殿が保存されている。
桃山時代のものと推察され、市内最古のものであるという。
簡素な板葺きの「見世棚造」から装飾の施された「流造」に発展する過渡期の貴重な文化財である。
それにしても、旧社殿でありながら、未だ神が宿っているように感じるのは気のせいだろうか。
中山神社 境内外稲荷神社 (2)中山神社 境内外稲荷神社 (1)
鳥居に向かって左手、境内外にも稲荷神社がもう一座。
中山神社 御朱印
中山神社 御朱印。初穂料300円。
中山神社の境内には社務所が無い。拝殿脇に掲示された社務所への連絡先へ連絡を取る形。
不在の場合もあるようなので、遠方からの参詣であれば事前に確認したほうが良いだろう。