大宮 氷川神社(武蔵国一之宮)

2014年4月30日

大宮 氷川神社
御祭神:須佐之男命・奇稲田姫命・大己貴命
社格:延喜式内名神大社・武蔵国一宮・旧官幣大社・勅祭社・別表神社
URL:http://musashiichinomiya-hikawa.or.jp/
所在地:埼玉県さいたま市大宮区高鼻町1丁目407番地
最寄駅:JR京浜東北線・高崎線・東北本線 大宮駅
東武鉄道野田線 北大宮駅
御由緒:紀元前473(孝昭天皇3)年の創建とされ、日本武尊が東征の際に東夷鎮定の祈願をしたとも伝えられる。
成務天皇の御代(130~190年)の代に出雲族の兄多毛比命が武蔵国造となり当社を奉崇し、出雲国斐伊川の名より氷川神社と称するようになったとされる。
なお摂社に門客人神社があり、元は荒脛巾(アラハバキ)神社と称され、アラハバキが「客人神」として祀られている。
アラハバキは氷川神社の地主神であり、先住神がアラハバキと推測されている。
また、社地は元々見沼というかつて存在した広大な沼のほとりにあり、水神・龍神を祀っていたという説もある。
聖武天皇の御代(724~749年)より氷川神社が武蔵国一宮に定められたといわれ、927(延長5)年に編纂された延喜式神名帳には名神大社として記載されている。
朝廷から武士中心の社会となってからも、鎌倉、足利、徳川といった歴代の各将軍家等からも篤く崇敬を受けており、
1591(天正19)年には徳川家康より社領100石の御朱印状を拝領している。
明治維新により東京へ遷都する際に武蔵国鎮守社・勅祭社と定められ、明治天皇は1868(明治元)年10月28日と1870(明治3)年11月1日の二度、御親祭あらせられた。
1871(明治4)年には官幣大社に列格した。
社殿は1180(治承4)年の源頼朝による再建の他、徳川家康が1596(文禄5)年8月に、徳川家綱が1667(寛文7)年3月とそれぞれ造営した後、1882年(明治15年)に社殿を改造し男体社、女体社、簸王子社の三社に別れていた社殿のうち女体社、簸王子社を廃止し、男体社に三神を祀るように改められた。
1940(昭和15)年国費による大造営が行われ、これが現存している。
氷川神社 二の鳥居と社号碑氷川神社 二の鳥居
一の鳥居から2km、南から北まで直線の参道が続く。直線の参道の距離では日本一だという。
下調べをせずに行ったため、筆者はJR大宮駅東口を出て旧国道16号線と交差する付近の二の鳥居からの参拝となった。
氷川神社 三の鳥居氷川神社 額殿・神楽殿
三の鳥居から境内へ。入るとすぐ右に額殿と神楽殿がある。
広くゆとりのある境内を神池に架かる神橋へと進む。
氷川神社 神橋氷川神社 神池
神池は江戸中期まであったという見沼の名残だそうである。
氷川神社 末社松尾神社氷川神社 六社合祀殿
神橋を渡る手前左には末社松尾神社(御祭神・大山咋命)、右手には末社六社の合祀殿。
山祇神社(御祭神:大山祇命)・石上神社(御祭神:布都御魂命)・愛宕神社(御祭神:迦具土命)・雷神社(御祭神:大雷命)・住吉神社(御祭神:底筒男命、中筒男命、上筒男命)・神明神社(御祭神:天照大御神)を祀る。
氷川神社 楼門氷川神社 手水舎
上橋を渡ると楼門がそびえる。朱塗りが実に鮮やかで、大社の風格が漂う。
楼門をくぐる手前左手に手水舎。
氷川神社 舞殿氷川神社 社殿
楼門と拝殿の間に舞殿が配置されている。そして流造の社殿。
氷川神社 摂社門客人神社氷川神社 末社御嶽神社
東門を出た先には摂社門客人神社と末社御嶽神社が鎮座する。
摂社門客人神社の御祭神は足摩乳命・手摩乳命、末社御嶽神社には大己貴命、少彦名命。
氷川神社 摂社宗像神社 鳥居氷川神社 摂社宗像神社
神池のほとり、松尾神社の奥には摂社宗像神社が鎮座する。
摂社宗像神社の御祭神は、多起理比売命、市寸島比売命、田寸津比売命の宗像三神。
氷川神社 末社稲荷神社 (1)氷川神社 末社稲荷神社 (2)
氷川神社 末社稲荷神社 (3)
摂社宗像神社の向かいに末社稲荷神社。倉稲魂命を祀る。猿田彦神の小さな祠も。
筆者は今回、宗像神社と稲荷神社の一帯に神気を感じた。
氷川神社 摂社天津神社
六社殿の奥に摂社天津神社が鎮座している。御祭神は少彦名命である。
大宮氷川神社 御朱印帳
大宮氷川神社 御朱印帳。初穂料1,000円。
大宮氷川神社 御朱印
大宮氷川神社 御朱印。初穂料300円。
楼門内、拝殿右手の授与所にて受けられる。
氷川神社 2種類の御朱印帳
なお、当社には2種類の御朱印帳があり、今回は楼門がデザインされたものを選んだ。
が、雲柄も良いデザインなので、そのうちお頒ちいただくことになりそうである(笑)