嶺白山神社

嶺白山神社
創建時期は不詳だが、江戸時代の前半、寛文年間(1661~1672年)と伝えられる。
古くは女体権現社と称され、明治に入り白山神社と改称した。

御祭神 伊弉冉命・八衢彦命・八衢命
社格 旧無格社
鎮座地 東京都大田区東嶺町31-17
最寄駅 東急電鉄池上線 久が原駅
東急電鉄多摩川線 鵜の木駅
URL

御由緒

創建時期は不詳だが、1665(寛文5)年頃といわれている。
古は女体権現社と称した。
新編武蔵風土記稿には荏原郡嶺村の項に「女體権現社 見捨地七畝社二間四方前ニ石階七級アリ 下ニ鳥居ヲ建ツ 柱間九尺祭禮九月四日」と記されている。
1868(明治元)年に白山神社と改称し、1882(明治15)年道祖神社を合祀している。

境内紹介

嶺白山神社 鳥居嶺白山神社 社号標
嶺白山神社 手水舎嶺白山神社 力石
久が原駅を出て左へ約200m、環八との交差点の角地が鎮座地。
信号機に掲げられた交差点の名称も「白山神社前」となっている。
嶺白山神社 神楽殿嶺白山神社 御神木(タブノキ)
嶺白山神社 狛犬 左嶺白山神社 狛犬 右
御神木は推定樹齢600年という(タブノキ
区内最大の樹木で保存樹木の指定を受けている。
1896(明治29)年5月奉納の銘がある狛犬は、両方とも阿形の子抱き。
嶺白山神社 拝殿嶺白山神社 本殿
嶺白山神社 木鼻嶺白山神社 蟇股
この神社にはメジャーバンド「SEKAI NO OWARI(セカイノオワリ)」の結成にまつわるエピソードがある。
東調布第三小学校、大森第七中学校で同級生だったFukaseとNakajinが、それぞれ別の高校へ進学後、ある大晦日に偶然再会したのがここだという。
この後、二人でオリジナル楽曲を制作し始め、同じく当地出身のSaoriらとバンドを結成するにいたった。

境内社

嶺白山神社 庚申塔嶺白山神社 交通安全無事かえる
環八側入り口付近に庚申塔が一基祀られている。
その後方で「交通安全無事かえる」像が環八の往来を見守る。
嶺白山神社 子守神嶺白山神社 御神木祠
庚申塔の隣には幼子を抱いた母の姿を思わせる岩が、子守神として祀られている。
かつてこの社は女体権現を祀っていたわけで、その信仰との関係性も考えられる。
御神木の根元の洞は、おそらく御神木そのものを祀った小祠となっている。

御朱印

嶺白山神社 御朱印

境内には町会会館や社務所があるが、こちらでの御朱印の授与対応はない。
本務社である北嶺町の御嶽神社社務所にて受けられる。
初穂料300円。

嶺白山神社の地図